悔しい引き分け!唯一の収穫とは?

明治安田生命J1リーグ第4節 ジュビロ磐田戦はスコアレスドローとなりました。
ホームのエディスタでの残念な結果です。

両チーム共、迫力ある攻撃もなく内容的には厳しいものだったと思います。

試合終了間際には両チームがオープンな展開になった為、攻守が目まぐるしく入れ替わるようになりましたが、やはり物足りない試合となってしまいました。

せめてもの収穫は負けなかったこと、内容が伴わない中で勝ち点1を獲得できたことくらいだと思います。

印象的だったのは試合終了後のジュビロサポーターの皆さんからのハヤオコールです。

それに答えて川辺選手もジュビロ磐田サポーターのところに挨拶に行きました。
どんなやり取りがあったか分かりませんが、ジュビロサポーターの皆さんからのブーイングが川辺選手らしいなと思いました(笑)

3年間の濃密な時間の中で川辺選手がジュビロサポーターからも愛される存在になっていたんだと嬉しいかったです。

そしてそれを見ていたサンフレッチェサポーターからも拍手が起こっていました。

サッカーの素晴らしさを実感でした試合でした。

次の試合まではしばしの休止があります。
選手にはまずはリラックスして連戦の疲れを癒してほしいです。

そこから先は、さらに厳しい15連戦です。

怯まずに勝ち点を重ねてほしいです。

サンフレッチェ広島を応援する仲間たちはこちらです
サンフレッチェを応援する仲間のブログはこちら

Leave a Reply